なんJ野球チャンネル

野球に関するスレッドのまとめブログです!


    高校野球

    1: 2016/06/20(月) 12:03:57.52 _USER9

    ◆高校野球招待試合 ▽第1試合 近大高専2―7早実 ▽第2試合 早実1―4報徳学園=5回表降雨ノーゲーム=(19日・くまのスタジアム)

    怪物・清宮幸太郎一塁手(2年)を擁する早実(西東京)に、ダブルジュニアの「OK砲」が誕生した。元巨人投手・岡本光氏(55)=現大阪・藤井寺市議会議員=の次男・大輔左翼手(3年)が 19日、三重・熊野市で行われた招待野球の近大高専戦で決勝の満塁本塁打を放った。

    両親が見つめる前で、岡本が父の日のアーチを届けた。同点の6回2死満塁で真ん中高めの直球を左翼芝生席に運んだ。 スイングスピードは141キロで、清宮超えのチームNO1。 高校通算15発以上の右のスラッガーで、和泉実監督(54)は「当たれば、清宮と同じくらい飛距離は出る」と認める。 6番で起用され、8回1死三塁では遊撃強襲の適時安打。「4打席で1本、本塁打が打てればいい」と2安打5打点に胸を張った。

    清宮の父でラグビー・ヤマハ発動機監督の克幸氏(48)と並んで観戦した岡本パパは「最高。目の前で初めて本塁打を見た。 高校通算1本だった私より打撃はいい」。 幼少時にバッティングセンターに連れていった息子の成長に目を細めた。 トップアスリートの父を持つ左右の大砲コンビが、2年連続の夏の聖地に「OK」サインをともす。(山崎 智)

    ◆岡本 大輔(おかもと・だいすけ)1998年9月1日、東京・東大和市生まれ。17歳。 4歳で大阪に引っ越す。
    藤井寺市・道明寺中から「斎藤佑樹さんに憧れて」投手兼内野手として早実に進学。外野手に転向し、昨秋からベンチ入り。178センチ、68キロ。右投右打。西武・岡本洋介投手は、いとこ。

    〇…清宮は「3番・一塁」で出場したが、観戦した克幸氏に父の日弾を贈れなかった。 18日に高校通算50号を放ったが、この日は初戦で3打数無安打1死球。 2試合目は報徳学園のプロ注目左腕・主島大虎(3年)の前に2打席目まで無安打で、5回表終了降雨ノーゲーム。 父の日には毎年、手紙で感謝を伝えるが、「全然ダメ。違う日に恩返ししたい」。5月から秋田、宮崎、長野、千葉、三重と列島縦断した招待試合を打ち上げ、夏に向かう。

    no title
    【【高校野球】元G岡本光の次男、早実・岡本大輔が満塁弾…清宮とOK砲結成だ!】の続きを読む

    1: 2016/06/18(土) 12:47:09.11 _USER9

    ◆高校野球招待試合▽第2試合 木本―早実(18日・くまのスタジアム)

     早実の怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(2年)が、三重・熊野市で行われた「くまのベースボールフェスタ」の木本(三重)戦で高校通算50号の3ランを放った。

     「3番・一塁」で出場。初回無死一、二塁でカウント2ボール1ストライクから4球目をとらえ、高く舞った打球が右翼ポール際の芝生席に弾んだ。この日は夏の西東京大会の組み合わせ抽選日。2年夏の地方大会前では異例の50号到達で、昨夏4強に続く甲子園出場に向けて弾みをつけた。 
    【【高校野球】早実・清宮、高校通算50号!2年夏地方大会前に異例の大台到達】の続きを読む

    このページのトップヘ